« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月 1日 (火)

さて、5月です☆

Sally2ブログを始めて1ヶ月経ちました。
自分で日記を付けよう、と思っても以外に三日坊主で終わりがちなんですが、続けられて良かった〜


ところで、今月より赤坂Popcorn Club は毎日 7:20〜1:45までの6回ステージに変更となりましたので、時間の許す限り楽しんで行って下さいね〜


それから私のお友達の孝美さんは、先月は体調不良でお休みしていると書きましたが、実は耳の病気で難聴になってしまったんです。難聴はなかなか時間がかかるらしくて、暫くは聴力の回復に向けてライブはお休みするという事です。( 体はピンピンしてるんですよ ! )
でもファンの皆さんに元気な姿を見せる為に、たま〜にライブをするという事なので、その時をお見逃しなく !

それでもどうしても孝美さんの歌が聞きたいという方へ
現在オリジナルCDを発売中ですので、良かったらどうぞ♪

| | コメント (5)

2007年5月 2日 (水)

松尾芭蕉=服部半蔵 ?

ジュリーマニアのライブで 「佐藤君の一口メモ」 と称していろんなネタを披露するんですが、この間はテレビ東京で深夜放送されている 「やりすぎコージーの都市伝説」 で聞いたお話をしてました。
それによると「松尾芭蕉=服部半蔵 」という事だそうです。なぜかというと......


徳川家康は天下を取るために忍者を作り、暗殺部隊として動かせた。
その忍者部隊の長が服部半蔵
家康が天下をとった後、服部半蔵に褒美をとらせたが、それが今でも東京の「半蔵門」として残っている。
そして服部半蔵は「自分を自由にして欲しい」「天下を取った後は自由にしてほしい」「全国を旅させて欲しい」
というかねてからの願いを聞き入れてもらい、全国の旅で使った偽名が「松尾芭蕉」。

松尾芭蕉は一日に400km以上移動していたといわれているので、年齢的にも普通の人では絶対無理。忍者だからこそ可能では ?
当時は藩をまたぐ時などに通行手形などが必要だったが、徳川ゆかりの人だからこそそれが可能では ?

そして松尾芭蕉は全国の旅で俳句などを残しているが、実際に日本全国に広めていたのは「かごめ」の歌
この童謡は徳川の埋蔵金のありかを知らせる暗号の歌だった。


という様なお話でした。
でも実際には2人の生きた時代は全然違うし、服部半蔵は武将で、忍者では無く忍者を指揮する人です。
松尾芭蕉は伊賀の出身で、実は忍者あるいは隠密だったのではないかとする説がありますが、決定的な根拠は無く、あくまでも想像に過ぎないという事です。

こじつけ という感もしますが、真実はいかに ?

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

最近はまっているドラマ〜その2

3月頃からケーブルテレビの LaLaTV というチャンネルで放送されている 「 ジェシカおばさんの事件簿 」 というドラマはなかなか面白いです。これは1984年から1996年までアメリカで製作されたテレビドラマだそうです。日本では1988年からNHKで日本語版の放送を開始したそうですが、私は今回ケーブルテレビで見て初めて知りました。


Photo_1これはミステリー作家のジェシカ・フレッチャー ( かなり年配のおばさんです ) が様々な難事件を解決する素人探偵モノのミステリードラマなんですが、日本語版ではそのジェシカ・フレッチャーの吹き替えが女優の森光子なので、森光子さんというと今やスクワットをしている姿が目に浮かんで来て、どうも彼女のイメージが強すぎるな〜という感じでした。
でも今放送されているのは字幕放送なので、字幕を読むのがちょっと面倒ですが、でもその方が断然面白いです。


この物語の生みの親はリチャード・レビンソン&ウィリアム・リンクという、若い頃からコンビで作品を発表したアメリカの脚本家・TVプロデューサーだそうですが、なんとあの 「 刑事コロンボ 」 もヒットさせていたのでした。
「 刑事コロンボ 」 といえばアメリカのドラマで私が一番好きな番組で、私が小さい頃から近年までNHKや日本テレビ系の「金曜ロードショー」などで放映されていましたが、たぶん全部見ているんじゃないかな、と思う位大好きです。
(やっぱり、同じ人が作った作品なので私が興味を惹かれたんだな〜とちょっとビックリ ! )


Photo_3「 刑事コロンボ 」の場合は、この間「なぜか見てしまうテレビアニメ」というブログで書いた様に、コロンボの吹き替えの小池朝雄が作り出すキャラクターが完全にハマりものです。だからコロンボを演じている ピーター・フォーク には申し訳ないんですが、たまに字幕スーパーで見たりするとちょっと今イチ、のように感じてしまうくらいです。

でも、当初の作品ではコロンボ警部は普通の背広を着ていたり、髪もきっちり整髪されていたりしたそうですが、すっかり定着している彼の役柄は、よれよれの背広とレインコートを着て安葉巻をくわえたさえない風貌。
「ちょっといいですか?」「あと、もう一つだけ・・・」「ウチのかみさんがね〜」というのが口癖。
こういったキャラクターは作品が継続して作られた中でピーター・フォークが作り上げたスタイルで、レインコートと背広も彼の私物なんだそうです !

そしてピーター・フォークはこの番組によりエミー賞(主演男優賞)を4度も受賞しているので、彼の演技はアメリカ人が見ても当然面白い ! という事で評価されているんでしょうね。


そして番組が始まる前に流れる「コロンボのテーマ」として知られている曲は、ヘンリー・マンシーニという人の作曲。ヘンリー・マンシーニといえば、「ティファニーで朝食を」「シャレード」などのオードリー・ヘップバーン作品で注目を集め、特に「ティファニーで朝食を」でヘップバーンが歌った「ムーン・リバー」は有名です。他にも「ピーター・ガン」のテーマ、「ピンク・パンサー」のテーマ、「ひまわり」のテーマなどがよく知られています。( いや〜名曲ばっかり ! )

「コロンボのテーマ」はオーケストラの演奏ですが、曲のイメージが幻想的で壮大な感じで、今やこの曲を聞くと、私の幼い頃の情景が回想されるくらいしみついている音楽です。やっぱりすごい人の作った作品は違いますね !

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

ハーブティー

今年になってから私が仕事場にいつも持って行っているものがありますが、それはハーブティーです。
布製のペットボトル入れにいれてあるのをいつも飲んでいると、周りの人達から「 何のんでるの ? 」 と聞かれるので、その度に説明しています。

_1_3 Photo_24

中身はペパーミントラベンダーですが、ペパーミントが小さじ山盛り3杯ラベンダーが小さじ山盛り1杯で、それを1リットルのお湯で入れています。いろんな配分を試しましたが、結局これに落ち着きました。
葉っぱも何種類かの製品を試してみましたがこれが一番おいしいです。
( ちなみに両方とも20gで500円弱位です。)

ペパーミントの効用は、「 殺菌作用 」と 「 鎮静作用 」 。
食欲増進や健胃などの効果があるといわれていて、夏バテなどで食欲がなくなったり消化力が低下したときには、ペパーミントの成分と芳香がそれらを解消してくれるようです。それから不眠やストレスにも効き目があるんだそうです。刺激効果により、体に塗ったり、香りを嗅ぐと脳に刺激が与えられ、元気になるんだそうです。

ラベンダーは一般的には料理や、特に美容などでアロマオイルとして使われることが多いと思いますが、飲用すると頭痛緩和、リラックス効果、失神やめまいも緩和するという効能があるそうです。

今回の冬は風邪をひかなかったから、もしかしてその効果が出てるのかも〜
という事で、毎日あわただしくて不規則な生活を送っている私の様な人間にはもってこいですね !


| | コメント (5)

2007年5月12日 (土)

私がはまっていた飲み物

10年程前、六本木のライブハウスでレギュラー出演していた頃、ほとんど毎日の様に一日一回は「フレッシュネス・バーガー」に行ってました。そこで出会ったのが
レッド・ジンガー 」 です。ホットのレッド・ジンガーに蜂蜜を入れて飲むのがすごくおいしくてはまってしまいました。

Red_1

これはハイビスカスを中心にレモングラスローズヒップリコリス(甘草)等がブレンドされています。
色はハイビスカスの赤色で、ローズヒップの酸味とリコリスの甘さで甘酸っぱい感じです。
ビタミンCが豊富で美容にもいいし、利尿・便秘解消・消化促進という効能もある様です。

「 レッド・ジンガー 」 の影響で、それ以来赤い飲み物に何だか惹かれてしまって、ローズヒップティーアセロラなども大好きでした。私は酢の物や梅干しや酸っぱい物が大好きなので、赤い飲み物は基本的に酸味が強いので、それがはまった理由ですね〜
( ちなみにトマト、みかん、いちご、パイナップルなどは断然甘酸っぱい方が好きです。でも最近は一年中いろんな果物が出ていますが、ハウス栽培のものは甘いだけ...でほとんど酸味が無いんですよね〜)

そして3年程前からはまったのが「炭酸水」です。きっかけは〜 ?

何年か前に西城秀樹さんが脳梗塞になりましたが、原因はサウナで汗をかいたあとの水分補給を怠っていた為に極度の脱水症状になり、これが脳梗塞の引き金になったという事です。その頃テレビで、就寝前にコップ1-2杯の水を飲むことが脳梗塞の予防に役立つ、とか、血流を良くする為に食事以外に一日一リットルの水をとる事が良い、などと言っていて、そういえば普段私はコーヒーかお茶ばかり飲んでいて水というものをまともに飲んでいないな〜という事に気が付き、なぜだか水を飲む様になりました。

通販でいろんな種類の水を取り寄せて飲んでいましたが、でも半年位すると飽きてしまいました〜その通販の売り場に「炭酸水」もあり、試しにこちらの方を取り寄せてみる事にしました。そしたら意外においしい ! という事がわかり、以来「炭酸水」は今でも飲み続けています。

Photo_8 Photo_9 Photo_11


いろいろ飲んだ結果、特に私が気に入って常備しているものです。
一番左が 「クリスタルガイザー/スパークリングレモン」(130円)で、これはコンビニなどでも売っています。
真ん中が「サンベネデット」(120円位)で、スーパーなどで売っています。
一番右が 「フィレッテ フリザンテ」(150円位)で、ホテルの仕事の時などに売店で買って飲んだりしています。

残念ながら最近はハーブティーばかり飲んでいるので「炭酸水」の出番が大分少ないです。
でもたま〜に「炭酸水」を控え室などで飲んでいると、大抵男性のメンバーの人は
「そんな味の無いもの飲んでおいしいの〜 ? 」
と言います。味が付いてたら、ただの炭酸ジュースじゃん ! て感じですが、おいしいから飲んでみて、というと
「何か味がはっきりしない」
とかって言われたりします...
男性陣には「炭酸水」の醍醐味が理解してもらえないんでしょうか〜 !!?
( 注意 : この場合の男性とはあくまでバンドのメンバーの方に限っておりますので、その他の方々は含まれておりません )

| | コメント (2)

2007年5月13日 (日)

母の日はやっぱりカーネーション

若い頃から迷惑ばかりかけて来た私ですが、その罪滅ぼしの為に親孝まがい ? の事をしようと一生懸命努力しております〜
という事で、今日母の日は運良く仕事もOFFだったので、お花と御馳走を抱えて実家へと向かいました。

Photo_22 Photo_20

最近は品種改良により、いろんな色のお花があって結構驚きますが、今日送ったカーネーションはこんな感じの色を選んでみました。

ちなみにカーネーションは、花壇や鉢花用などで利用されるものは多年草のものが多く、うまく管理すれば翌年も花を楽しめるんです。

→多分6月中頃までには、ついていたつぼみがほぼ全部咲き終わり
→草丈を半分ほど切って、ひと回り大きな鉢に植え替える
→日当たりと風通しのよいところに置き、梅雨には雨に当てないように注意し、真夏は午後の直射日光は避けてできるだけ涼しい場所に置く
→そうするとめでたく6〜7週間後に開花する

という事なんですが、私も昔試しましたが、ベランダ栽培は夏の照り返しでかなり熱くなってしまうので、夏越しがうまく行かず、大抵、病害虫にやられてしまうんです
。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。      残念 !   

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

国技館へ

ちょっと言いにくいんですが、私はお相撲も大好きで、今日は5月場所6日目の国技館へ行って来ました。

白鵬(はくほう)のファンで、白鵬が平成16年五月場所に新入幕して以来、ずっと応援しています。この2年くらいは機会があれば国技館へ足を運んでいます。
テレビで見るよりもライブの方が、緊張感や迫力が伝わって来て、ほんとに面白いです !

今日はその様子を写真でご覧下さい。

Photo_16
東側土俵入り。ちょっとわかりにくいですが、左から4番目が「高見盛」です。

Photo_19
西側土俵入りの時に、通路に控えている「琴欧洲」。手前が「千代大海」。


Photo_23
東側土俵入り〜その2。一番左が「白鵬」で、手前が「魁皇」 「琴光喜」。


1_2

2_2
横綱「朝青龍」の土俵入り。全敗中の「垣添」に楽々勝ってしまい ? 負け無しの6勝目。
早く負けて欲しいんだけど〜


Photo_26
「琴欧洲」の仕切の様子。今日は「黒海」に負けてしまい、5勝1敗になりました。


2_3

1_3
「白鵬」の仕切の様子。今日の対戦相手は関脇の「安馬」。
白鵬が押し出しで勝ち、朝青龍と並んで負け無しの6勝目。


Photo_25
これはおまけで、審判の貴乃花。すっかりスリムになっちゃって、横綱時代の風格の様なものはすっかり無く、普通の若者の様でした。
そうこう言いながらも、通路に控えていた貴乃花を真近に見たら、すごくかっこ良くてびっくりしました !
(実は若貴時代は貴乃花の大ファンでした)

ていう感じで、あっ ! という間に終わっちゃいましたが、今場所綱取りの白鵬には是非頑張って欲しい ! と祈る毎日です。


| | コメント (5)

2007年5月20日 (日)

生春巻き

Photo_27今日は初めて「生春巻き」というものを作りました。
これはベトナム料理のポピュラーな食べ物だと思いますが、これを作ろうと思った理由は、「たれ」にあります。

この間の六本木ケントスの時に、いつもいらっしゃるご夫妻の方から
「 このたれはどこで売っているのかな〜 ? 」
と聞かれ、味見してみたらすごくおいしくて、今まで味わった事の無いものでした。
それですぐに従業員の人に聞いたら、
「 スイートチリソース 」 と 「 フレンチドレッシング 」 を半々で混ぜたものでした。
( これはケントスの厨房の方が考えたと言ってたので、素晴らしい ! )

生春巻きの材料は〜
●レタス3枚くらい 
●もやし1袋(さっと湯通しする)
●にら1束(これもさっと湯通しする) 
●春雨
●豚ばら肉(薄切り5枚くらいをさっとゆでて、細切りにする)
●えび(今日は生食用を使いました)
●ライスペーパー
以上の食材で9個作れました。

3個も食べたらお腹一杯になったので、「 ライスペーパー 」は米粉、タピオカ、食塩から出来ているだけあって、お米の代わりになっているんだな〜と思いました。

初めて作ってみてわかった注意点は、欲張って?たくさん材料を詰め込み過ぎない様に、という事ですね。
一口かじった後、中の具がぼろぼろ出てきちゃいます〜
彼氏と食べるのには向かないかも ?


| | コメント (2)

2007年5月26日 (土)

たまにはおいしい出前のご飯

私の友達の孝ちゃんという女性が良く泊まりに来るんですが、起きてからご飯を食べるのに、食べに出かけたり、この間は生春巻きを作ったりしましたが、たいてい出前をとる事が多いんです。それで最近はまっているのは〜
CHINA QUICK ( チャイナクイック )という中華料理のデリバリーです。

Photo_14二人とも以前、韓国ドラマにはまっていて(孝ちゃんは今もバリバリはまっています)、韓国ドラマの主人公たちが口の周りを黒くしながらジャージャー麺を食べるシーンを良く見ました。ぐちゃぐちゃに混ぜて真っ黒になった麺を食べているのを見て、おいしいのかな ? 〜と気になっていました。それで興味本位で頼んでみましたが、なかなかおいしいです。
二人の食べ物の好みは正反対で合う事が少ないんですが、これだけは珍しく意見が合いました。

これは冷たい麺に甘辛い味噌とひき肉の熱いあんがかかっているものです。
でも韓国のジャージャー麺は春醤(チュンジャン)という黒い味噌を使っているので麺が黒くなる様ですが、日本のものとは味も見た目もだいぶ違うようです。


ちなみに韓国では4月14日を「ブラックデー」と言い、バレンタインデーに彼氏彼女ができなかったひとたちが黒い服装に身を包み、中華店へ行きジャージャー麺を食べるんだそうです。この日ジャージャー麺を食べている人は「恋人募集中」という看板をしょっているようなものなんだそうです。何か意味が良くわかりませんが面白い風習ですね〜


Photo_15それから今日は、Domino's Pizza (ドミノ・ピザ)の「4種のチーズメルト・春のハーフ&ハーフ」というのを頼みました。ちらしを見てすごくおいしそうだな〜と思い、気になっていたんですが、ようやく食べる事が出来ました。

写真で見てもわかると思いますが、これはチーズ・ソース・チーズ・ソースと4層になっています。
ハーフ&ハーフなので、半分がボロネーゼソース、あと半分がシーフードのホワイトソースでしたが、これも思った通りすごくおいしかったです。(Mサイズで2,800円です)

宅配ピザは基本的に当たりはずれが無くおいしいですね〜
でも量が多いのと値段がちょっと高めなので、あまり頻繁には食べれませんね
(;>_<;)


| | コメント (2)

2007年5月31日 (木)

初登場 !? 新宿キャロルハウス

今日は新宿キャロルハウスに出演しましたが、Jamboreeでの出演は初でした。
Jamboreeの数人のメンバーは最近でも出演した事があるそうですが、私はこのお店に去年の暮れに一度だけ遊びに来ましたが、出演するのは( 計算してみたら )何と10年振り位になります !

それもジーナZというバンド以来なんですが、その時も今一緒にやっているドラムのショウさんとベースの植木さんが一緒でした。
ステージの配置などは変わっていなかったで、自分のキーボードの席からショウさんや植木さんを見た時に当時の風景とそのままだったので、その頃の事が蘇って来るようで、何ともいえない気持ちになりました。
まさか10年後にその時のメンバーと一緒にやるなんて、10年前にジーナZを辞めた時には思いもしなかった事です !

この日はザーザー降りの大雨だったにもかかわらず、お店は超満杯で、何と階段のところでずらーっと待っているお客さんまでいました。
            ・*:..。o○☆*゚Congratulations!!・*:..。o○☆*゚


キャロルハウスも長く続いているお店なので、このお店で当時良く見た顔ぶれがたくさんそろっていました。
15年降りに再会したお客さんもいて、お互いの変わり様 ? に驚いたりしてました。


昔はキャロルハウスは「ハンディーズ」というハウスバンドが入っていましたが、そのバンドでやっていたドラムの人とは何と20年振りの再会でした。
(いったい幾つから仕事してるんだって ? )
その人はバンドを辞めていてすっかりサラリーマン姿でしたが、懐かしい話をした後に植木さんがしみじみ言っていました。

自分達がバンドを初めた頃はたくさんのミュージシャンがいたけど、半数以上が辞めていって普通の仕事に就いている人が多い中、俺たちの様に辞めないで続けられているという事はある意味すごい事だね。それがいい事なのか悪い事なのかわからないけど、と〜

特に男性の場合は一家を支える仕事を決める為に、堅実な仕事を選ぶのか、それとも自分の夢を持ち続けてそれを貫き通すのか......何度かそういう分岐点に差し掛かった時に、どちらを選んでいたらどうだったのかという事は誰にもわからない事ですよね。

でも一つだけ言えるのは、この歳になっても今この仕事をしているのだから、とりあえずこれを精一杯貫き通していくしかない ! という事でしょうか.....そしてきっとまた分岐点でその選択に迷う、という事の繰り返しですね。

それにしても今日はしみじみと流れ行く歳月を実感する一日でした。

| | コメント (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »