« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月12日 (日)

ジュリーマニア 〜夏のステージ〜

先月の7月28日(金)は今年3回目となる
ジュリーマニア 〜夏のステージ〜
が行われました。

大分遅くなってしまいましたが、今回はプロのカメラマンによる写真付きでそのライブの模様をお送りしたいと思います。


◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○


1st Stage

1st Stageの色テーマは「白」
という事で白い衣装で登場 !

1st32_2

1st2_3 1st22_2


お嬢さんお手上げだ
きめてやる今夜
CANDY
夕なぎ
女神
背中まで45分
SPREEN〜六月の風にゆれて
そっとくちづけを
卑怯者
白い部屋
Don't be afraid to love


◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○


ジュリーマニアのバック演奏をしている“ FAKE ”のメンバーを紹介します
(メンバーの衣装も白を基調にしています。
あれ、1人だけ白じゃない人がいますね ?)

上段左がギター/わたる君、右がリーダーのドラムス/たくちゃん
真ん中左がキーボード/サリー、右がベース/ツッチー
一番下がコーラス隊です♪

1st_2 St2_2 Photo_3 2_2
St2_3


◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○

2nd Stage

2nd Stageの色テーマは「赤」
鮮やかな赤のミリタリールックで登場。
十字架は得意の裁縫 ? で自分で縫い付けたんでしょうか ?

22

2st52_7 St32_2

22_3

今話題のビリーズブートキャンプで5kg位やせたという事で
赤のジャケットを脱いで茶色のシャツ姿になっても
腰回りがスッキリしていました。
なるほど、
今日のステージはビリー並の激しい動きを常にしていましたね〜
さすが !


花・太陽・雨
すべてはこの夜に
渚のラブレター
ロンリーウルフ
愛の出帆
The vanity factory
この炎は燃え尽きず
月の刃

バンド演奏→Room 335

◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○

ついでに衣装替えしたメンバーです

St2_6 St2_7

2_6 St2_8

2_11


◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○

アンコール

22_4
気になるお前 / TOKIO

12
勝手にしやがれ

Photo_6
甘いたわむれ


◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○

今日もスーパースターの頃のお客さんが見えてて久々の再会をしましたが、とても感激していて、次のライブもも絶対来る ! と言っていました。毎月やって欲しいー !!!という声もたくさん聞こえました。
本物のジュリーファンからそういう声が出るなんてやっぱすごい !

◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○ ◆○◆○

それではおまけで、次回のライブのお知らせです

Julie_mania_3

♪♪♪皆さん、見に来て下さいね〜♪♪♪

| | コメント (9)

2007年8月13日 (月)

朝青龍騒動 ?

腰椎(ようつい)の疲労骨折で夏巡業の不参加を申請しながら、モンゴルでサッカーをしていた映像が流れ、それに対して→
●秋場所以降2場所出場停止
●8月1日から11月25日までの謹慎
(自宅、高砂部屋、病院以外への外出禁止。モンゴル帰国禁止)
●4カ月30%の減俸
という処分が下されたのが8月1日。

結果、朝青龍が「急性ストレス障害」になってしまった、という事に対していろんな波紋が投げかけられて、大問題になってますね〜(私も俄には信じられません ! )

大のお相撲好きのCCRさんからも「国技館へ」という記事へのコメントに、この問題について書いていただきましたが、純粋なお相撲ファンなら誰も朝青龍の見方は出来ませんよね........ !!

でも朝青龍の不祥事のおかげで、夏巡業を他の力士達が一生懸命盛り上げようと頑張っていますが、今までには無かったようなファンサービスまでしている力士の姿を見ると、朝青龍に対して余計に腹がたって来ますね
━━(`ヘ´#)━━

夏巡業地である北海道の旭川巡業は私が大好きな力士だった「北の富士」の大相撲入門50周年記念として開かれているという事もあり大盛況の様です。
(私も出来れば行きたかった〜)

同じ高砂一門の重鎮である「北の富士」は
「高砂が悪い」
と責任はすべて師匠の指導、監督不足と断言しています。(さすが ! )


ちなみに「北の富士」も横綱時代、1972年の名古屋場所を全休した直後、ハワイでサーフィンに興じる姿を写真に撮られ、協会から注意を受けたという事がありました。
今回の朝青龍と似たようなケースですが、決定的な違いは、「北の富士」はすぐに帰国して夏巡業にすべて参加、さらに翌秋場所で全勝優勝を決めたんだって〜
なぜ朝青龍も帰国させてすぐに謝罪会見しなかったのか.......
それをさせる事が出来なかった高砂が悪い、
と「北の富士」は言ってますが、経験者が語る言葉だからこそ重みがありますね〜 !!


今では外部の人間があーだこーだと言うだけで、憶測や推測が飛び交って、何が真相なのか全くわかりません〜
そして本人は一向に出て来ないんだから、もう話になりませんね(;___;)


でも現在は白鵬という立派な横綱が誕生したので、朝青龍がいついなくなっても本場所への影響は無く、何の問題もありませんからね。
9月場所は是非頑張って欲しいです((○(^▽^)○))


それにしてもこの問題の行く末はいかに......... ???!!!

| | コメント (4)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »