« ジュリーマニア 〜夏のステージ〜 | トップページ | 9月です☆ »

2007年8月13日 (月)

朝青龍騒動 ?

腰椎(ようつい)の疲労骨折で夏巡業の不参加を申請しながら、モンゴルでサッカーをしていた映像が流れ、それに対して→
●秋場所以降2場所出場停止
●8月1日から11月25日までの謹慎
(自宅、高砂部屋、病院以外への外出禁止。モンゴル帰国禁止)
●4カ月30%の減俸
という処分が下されたのが8月1日。

結果、朝青龍が「急性ストレス障害」になってしまった、という事に対していろんな波紋が投げかけられて、大問題になってますね〜(私も俄には信じられません ! )

大のお相撲好きのCCRさんからも「国技館へ」という記事へのコメントに、この問題について書いていただきましたが、純粋なお相撲ファンなら誰も朝青龍の見方は出来ませんよね........ !!

でも朝青龍の不祥事のおかげで、夏巡業を他の力士達が一生懸命盛り上げようと頑張っていますが、今までには無かったようなファンサービスまでしている力士の姿を見ると、朝青龍に対して余計に腹がたって来ますね
━━(`ヘ´#)━━

夏巡業地である北海道の旭川巡業は私が大好きな力士だった「北の富士」の大相撲入門50周年記念として開かれているという事もあり大盛況の様です。
(私も出来れば行きたかった〜)

同じ高砂一門の重鎮である「北の富士」は
「高砂が悪い」
と責任はすべて師匠の指導、監督不足と断言しています。(さすが ! )


ちなみに「北の富士」も横綱時代、1972年の名古屋場所を全休した直後、ハワイでサーフィンに興じる姿を写真に撮られ、協会から注意を受けたという事がありました。
今回の朝青龍と似たようなケースですが、決定的な違いは、「北の富士」はすぐに帰国して夏巡業にすべて参加、さらに翌秋場所で全勝優勝を決めたんだって〜
なぜ朝青龍も帰国させてすぐに謝罪会見しなかったのか.......
それをさせる事が出来なかった高砂が悪い、
と「北の富士」は言ってますが、経験者が語る言葉だからこそ重みがありますね〜 !!


今では外部の人間があーだこーだと言うだけで、憶測や推測が飛び交って、何が真相なのか全くわかりません〜
そして本人は一向に出て来ないんだから、もう話になりませんね(;___;)


でも現在は白鵬という立派な横綱が誕生したので、朝青龍がいついなくなっても本場所への影響は無く、何の問題もありませんからね。
9月場所は是非頑張って欲しいです((○(^▽^)○))


それにしてもこの問題の行く末はいかに......... ???!!!

|

« ジュリーマニア 〜夏のステージ〜 | トップページ | 9月です☆ »

お相撲」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
シャワー浴びてのんびりです。

今朝、確かフジTVだったと思いますが、
「龍虎」「琴富士」「星誕期」の元力士とスポーツ評論家の
二宮清順?と「小錦」が座談会風に話していました。

①高砂親方が弟子(朝青龍)の所へ出向くこと自体が、おかしい!師匠なんだから、弟子を呼びつければいい。

②日本相撲協会は公益法人である。そして地方巡業は、大きなウェイトを占めている。その地方巡業をスッポかして、(怪我を理由に)モンゴルへ帰って、サッカー三昧!
これは、完全に職場放棄である!

③ある精神科医が言っていましたが、「うつ病」から始まって、
こんな短い期間で「急性ストレス障害」になることは、先ず、
考えられない!

④テリー伊藤は「高砂親方」の無能さを、日本全国に分からせて
しまった、と。

⑤北の湖理事長が記者会見をして、今迄の経緯、現在の成り行き、今後再発防止に向けてどうするか?
きちんと、釈明しなければならない!

兎に角、朝青龍への同情は、一切聞かれませんでした。
当たり前ですが・・・
理事長も事の重大さを認識していない!と、かなり批判的な
意見が多かったです。

ただ、最後に二宮氏がちょっと気になることを言っていました。
それは、朝青龍の問題は外交問題にまで発展するかも
しれない、というのは、朝青龍はモンゴルでは国民的英雄だそうです。(納得いかないけど!!)で、大統領とも太いパイプが
あって、この問題で大統領が相撲協会、ひいては、日本政府に
対して怒っていると。
モンゴルという国は地下資源が豊富で、日本はモンゴルと
採掘権を交渉中である・・・それに歪みをきたすのではないかと
・・・こんなこと言ってました。

大元を考えれば、怪我を理由に地方巡業サボって、モンゴルへ
帰って、あんなに元気な姿、全力で走るし、ヘディングシュートはやるは!あの元気な姿見て、誰が、「怪我人」と思いますかね
!!??
ぜ~んぶ、自分の蒔いた種、ただ、本人もこんなに大騒動に
なるとは思っていなかったかもしれないね??



投稿: CCR | 2007年8月14日 (火) 11時30分

「週刊文春」という雑誌の最新号によると〜

朝青龍はチョンマゲを付けた実業家で、彼と親族は、旅行代理店や銀行、人材派遣会社など朝青龍の「朝」の字を冠した「ASA」という企業グループを形成しているらしいです。
国営サーカスも手中に収め、最近では国営の航空会社MIATの買収話が報じられたばかりとか.........
7月のモンゴルを訪れた皇太子の宿泊先の一つは朝青龍の両親が経営するホテルだったんだって〜

8月には朝青龍とモンゴル大統領を介して新ビジネスの相談をする計画があり、予定通りの帰国だった様です。


こういった話を聞いてしまうと、相撲協会が今イチはっきりした対応が出来ないという事に納得出来ますね。
いろんなしがらみがあるから、スパっと引導を渡せない、といったところでしょうか ?

投稿: Sally | 2007年8月14日 (火) 13時29分

モンゴル国内は全て、朝青龍の味方だったのですが、
ただ一人、朝青龍のお母さんさんだけが、
息子の非を認めて、きちんと釈明しなければ・・・
みたいな事を言ってました。
少しだけ、救われた気持ちになりました。

でも、旭川巡業が成功してよかった!!
(北の富士・入門50周年はあったにせよ)
北桜が意外にも、とても面白かった!し、隆見盛と二人で
ファンサービスにやっきになっていましたね。
北桜・・あの顔であんな一面があるとは・・・
これで、お客さんの入りが悪かったら、やっぱり朝青龍が
いないと・・・なんてことになるだろうし。
益々、朝青龍が増長しちゃうよね!!

相撲会としては、二人の横綱が切磋琢磨して、
好勝負を見せてくれるのが、理想なんでしょうけどね・・・


投稿: CCR | 2007年8月14日 (火) 18時41分

北桜といえば本場所でも制限時間一杯になると大量の塩をつかんで思いっきり天井に向けて撒く、というパフォーマンスでも有名ですよね。
あと勝利インタビューの時などもお相撲さんにしては珍しく、結構面白い事を言ったりしていますよね〜

今回の巡業では歌を歌い出したり、ニュース番組用のレポートを努めたりと、相当面白い事をやっています。
北桜は北の湖部屋という事もあり、師匠の為にも持ち前の明るさを発揮して一生懸命盛り上げているというところでしょうか〜?

投稿: Sally | 2007年8月15日 (水) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュリーマニア 〜夏のステージ〜 | トップページ | 9月です☆ »