« あっ ! という間の4連休 | トップページ | 今年のペナントレース終了 »

2007年10月24日 (水)

Live in Cheeri-oh→10月編

今日は関内「Cheeri-oh」でソロライブでしたが、その前に坂東さんに連れられてさっそく「ヤンキース」というお店に行って来ました。
(このお店はオールディーズ・ライブハウスの「リトル・ダーリン」が入っている「セルテ」というビルの12Fにあります。)

あまり内装がライブハウスっぽくなく全体に明るい感じで、椅子やテーブルなどの雰囲気は洋風の居酒屋さん、あるいはレストランの様なイメージでした。


今日出演していたのはJazz Vocalの「キャロル山崎」という女性で
(坂東さんいわく横浜ではとても有名な人だそうです)
GuitarとSaxとのユニットでしたが、歌も演奏もとても素晴らしかったです。
あまり時間が無かったので数曲しか聞けませんでしたが、そんな中でも「ブルーライト横浜」という曲を英語の歌詞を付けてスローなテンポで歌っていましたが、コードアレンジがとてもおしゃれで、ムーディーな雰囲気を出していて、かなり感動しました。


ステージ中にほんとに申し訳ありません......と思いながら、もうちょっと聞きたいな〜という思いを後にして「Cheeri-oh」へ向かいました。


Sally2_4 今日はJamboreeに来てくれているお客さんがほとんどだったので、こんな感じの衣装に皆さん注目 ? していました。
Jamboreeでは絶対スカートは履けませんからね〜(何で ?)


いつもリクエストを頂くのに出来ない曲→

キャロル・キングの「A Natural Woman」
「I Feel The Earth Move」
それからユーミンの「ルージュの伝言」
「ダンディ・ライオン」
そしてシェリル・クロウなどなど......

以上は課題曲として次回か次の次 ? か.......
なんとか練習してマスターしたいと思います。

|

« あっ ! という間の4連休 | トップページ | 今年のペナントレース終了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

リポートが早いですねぇ~!チェリオは盛況で何よりでした。

来日も近いせいか、リクエストはキャロル・キングが多かったようですが、やはり女性弾き語りの定番ですから。

彼女の曲は、昨夜も歌われたシレルス/Will you love me tomorrow が61年にチャート1位になったのを初めに、60年代にソングライターとして計5曲の英米で1位があるそうです。
・ボビー・ビー/Take good care of my baby
・リトル・エヴァ/Locomotion
・スティーヴ・ローレンス/Go away little girl
・ハーマンズ・ハーミッツ/I'm into something good

ロコモーションを知らない人はいませんが、リトル・エヴァがキャロルの家のベビー・シッターだったと言うのも有名な話。よく聞くと、コーラスのところにキャロルの声も入っています。

もう60代も半ばのハズながら、結構胸元が開いたり、ミニスカートだったりの衣装のプロモ写真を目にしますよね。

昨夜のサリーさんの衣装もそれ以上に刺激的!!(^^)v。これからはこの路線でもう一花二花咲かせましょう!!ファンも全員(多分)が期待しておりマス!!

投稿: 関内ボランティア音楽事務所 | 2007年10月25日 (木) 15時34分

リトル・エヴァとキャロル・キングがそういう関係だったとは知りませんでした!
ベビー・シッターを頼む位だからよほど信頼しているんでしょうね.....


コーラスと言えば、昨日久々に歌ったカーリー・サイモンの「うつろな愛 」( You're So Vain ) のコーラス部分はローリング・ストーンズのミック・ジャガーが歌っているんですよね。
この二人は当時付き合っていたという噂ですが......?


投稿: Sally | 2007年10月26日 (金) 04時31分

昨日は横浜に行く前にバレエを見に行って来たのでチェリオに着いたのは10時近くになってしまいました。でもお店に入るとサリーさんのファンでいっぱいでした。そして歌っているサリーさんを見ると.......


魔法を使ってへんしーん!
いつものサリーちゃんとちょっと違う?
サリーちゃんはとっても可愛くて男性客は皆さん見とれてましたよ!!


途中でかずこさんに踊ろうと言われて踊っちゃいました。
カウンターに入っている女の子も一緒に踊っていて、今日はいつもよりも更に盛り上がりましたね(⌒-⌒)

投稿: 孝子 | 2007年10月26日 (金) 04時45分

ヤンママだったキャロル・キング?

「リトル・エヴァ」はエヴァ・ボイドという名前で、よくある子沢山黒人一家(16人兄弟とか!)の常として、バイトしていたのでしょう。
エヴァがあやしていたのがルイーズ・ゴフィン。後に歌手デビューしますが、あまりに親が有名過ぎて大成はしませんでしたね。

キャロルは42年、ルイーズは60年生まれですから、18歳の時の娘!サリーさんなら巷でブイブイ言わせていた頃?(苦笑)


「うつろな愛」がヒットした時はジェームス・テイラーと新婚だったハズですが、曲を書いた頃には色々付き合っていたと言われますね。
「サラトガ競馬場であなたの持ち馬が勝った、と聞いた」「リアジェット(ビジネス用の自家用小型ジェット機)を飛ばして、ノヴァ・スコシア(カナダ東部)まで皆既日食を見に行った。」と歌詞にあるので、相手がセレブなことは明らか。
ミック・ジャガーもさることながら、付き合っていた一人として、俳優のウォーレン・ビーティーとの説もありました。

先日のサリーさんはのっぽのサリーではなく、魔法使いのサリーだった訳ですね、ナルホド!(*^^*)

投稿: 関内ボランティア音楽事務所 | 2007年10月26日 (金) 13時43分

おとといは、ちぇりおに入ったら、すでにたくさんのお客さまがいて、離れた席しかないと思ったら、皆さんが親切に席をずらして下さいました。遅れて入ったのに申し訳ありませんでした。おかげさまでサリーさんの目の前で演奏を聴くことができました。
店に行く前に和食屋さんで日本酒を結構飲んだせいか、連れのかずこさんもご機嫌で、孝ちゃんとダンスまでして頂きました。とても楽しかったと申しております。またよろしくお願いします。

投稿: GG | 2007年10月26日 (金) 14時08分

いえいえ、かずこさんのおかげで盛り上がって良かったです。
私がソロで歌う曲は比較的スローなテンポが多いので、踊れる様なアップ・テンポの曲も練習して少しずつ増やして行きたいな〜と思います.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

GGさんもほぼ皆さん全員と名刺交換をされていましたが、そういうのもアットホームなちぇりおならではですよね !!

ところで話変わって「リトル・エヴァ」はLocomotion以外にヒットした曲があるんでしょうかね ?

それからカーリー・サイモンとジェームス・テイラーが結婚していたとは知りませんでした!
それだけ噂の多い女性という事はジェームス・テイラーとはお別れになっちゃったんでしょうね......

良くジャケットなどでカーリー・サイモンを拝見するとかなりいい女っぽいですよね。
やはり恋多き女性だからこそいい曲や歌が歌える ! という事でしょうか〜

投稿: Sally | 2007年10月26日 (金) 15時31分

ジェームス・テイラーとカーリー・サイモンは、一時はおしどり夫婦と言われていましたヨ。「愛のモッキンバード」というデュエットの大ヒットもあり。

スリー・マイル島原発事故というのがあって、それを機に行われた原子力利用に反対するミュージシャンの「ノー・ニュークス」ライブでも、揃って出演していました。

詳しくは知りませんが、70年代末頃に離婚したみたい。
で、カーリー・サイモンは、トーチ・ソングと呼ばれる悲恋を歌ったスタンダード・ナンバーばかりを集めたアルバム「トーチ」を80年代初頭にリリースしますが、そのプロデューサーのビブラフォン奏者=マイク・マイニエリとデキテいた・・との説もあります(苦笑)。
あちらのセレブの世界はよく分かりませんけど、お金があれば、好きなように恋が出来る??


リトル・エヴァは、他にもシングル・チャートに載った曲はありアルバムも出しているらしいですが、ロコモーション以外は聞いたことないですね。
やはり米国でも、近頃はベビー・ブーマーと言われる「団塊の世代」をターゲットにした音楽産業分野が盛んらしく、リトル・エヴァも「懐かしのメロディー」みたいなライブ・ツアーに現役復帰しているそうです。

投稿: 関内ボランティア音楽事務所 | 2007年10月29日 (月) 09時48分

すごいミュージシャン同士のカップルは上手く行く場合もあれば行かない場合もあるけど、とにかくうらやましい限りです !
やはりすごい者同士、いつも一緒にいる事でお互い相当な刺激を受けてBigになって、また更に音楽的にも恋愛的にもステップアップして行く......なんて感じでしょうか〜


それにしてもロコモーションという曲は私もたまに歌いますが、どうしてもキャロル・キングのイメージがしないんですよね。
何だか売れ線を意識してわざとポップな曲を作った、という様な印象がしてしまいます。
ただキャロルが自身で彼女独特なキャロル節で歌った時だけ納得できる感はしますが〜

投稿: Sally | 2007年10月30日 (火) 04時10分

昨日はハート&ソウルでご苦労様でした。

来日近しということで、キャロル・キングのアルバムがドバッと紙ジャケCD化されていますが、「パールズ」という80年の作品はご存知ですか?

「ロコモーション」はもちろん、シフォンズでヒットした「ワン・ファイン・デイ」、BS&Tの「ハイ・デ・ホー」、バーズの「Wasn't born to follow」、ビートルズもカバーした「チェインズ」など御馴染みの曲をいわゆるセルフカバーしたもの。

当然面白いだろう・・と思ったら、声に覇気が感じられないし、バックの音も薄っぺらで全くの期待ハズレ。
80年というと、シンガー・ソングライターの時代は終わり、トト、ジャーニー、ボストン、スティックスなど産業ロックと呼ばれたサウンドの全盛期で、キャロルは既に過去の人。

レコード会社との契約で仕方なく作った?企画盤だったのかも知れませんが、やはり曲がいいだけでいい作品が生まれる訳ではなく、本人のやる気や周りの環境が整い、またそれが時代にマッチして初めてファンを感動させるヒット作が出来るものだ・・と理解させられました。

ロコモーションは、ヒットメイカーが仕事だった頃のキャロルが、売る為にわざとポップに作った曲ですから、それはそれで完璧な仕事をした訳ですが、シンガー・ソングライターとしてのキャロル・ファンのサリー説↑は、「パールズ」を聞くと「その通り!」と納得出来ると思います。

投稿: 関内ボランティア音楽事務所 | 2007年10月30日 (火) 15時51分

「ワン・ファイン・デイ」という曲はJamboreeでもやってますし、オールディーズ・バンドは良くやるポップな曲ですが、この曲がキャロル・キングの作品とは全く知りませんでした !
これはすごい驚きです(* ̄□ ̄*;

私らの仲間でこの事を知っている人は少ないんじゃないかな〜?

是非この「パールズ」というアルバムを聞いてみたいもんです。
いやいや、勉強になりました.........

投稿: Sally | 2007年11月 1日 (木) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっ ! という間の4連休 | トップページ | 今年のペナントレース終了 »