« 思わぬ展開→プロ野球 | トップページ | お花見へ »

2008年4月 4日 (金)

ジュリーマニア〜2008年2回目のステージ

今年早くも第2回目となる今日のライブも相変わらず超満員でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<第1ステージ>
TOKIO
Don't say it
コバルトの季節の中で
世紀末ブルース
ゼロになれ
遠い旅
ウィンクでさよなら
酒場でDABADA
胸いっぱいの悲しみ
絹の部屋

<第2ステージ>
勝手にしやがれ
麗人
花・太陽・雨
愛に出帆
アメリカンバラエティ
夜の河を渡る前に
LOVE 抱きしめたい
嘆きの天使

<アンコール前>
太陽にほえろ

<アンコール>
ヤマトより愛をこめて
そのキスがほしい
憎みきれないろくでなし
自由に歩いて愛して

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今日はカメラマンの「 H.SUG I」氏がお休みでしたので、
変わりにファンの方が撮った写真を提供して頂きました。

今日のステージの色テーマは
<第1ステージ>黒と赤の融合
<第2ステージ>真っ白
<アンコール>青

1st_3 1st2 

2nd 2nd2 2nd3

Encole1 Encole2


↓こちらはステージが始まる前に控え室で撮ったメンバーの素顔?です。

Taku0404_2 Hisae0404 Tutiya0404 

Wataru0404_2


今日の<第1ステージ>の衣装は、去年のラストライブの第1ステージの「金色」(プミポン国王風)に雰囲気が良く似てるな〜と思いました。
<第2ステージ>は上下真っ白のスーツに白い帽子で、アイシャドウは紫色が強調されていて、
ステージに上がった途端
「かっこい〜〜〜heart01
という声が次々と聞こえていました。
<アンコール>でびっくりしたのは、紙で作ったひらひらのロングコート風なジャケットを着ていました。
そしてそれを歌いながらひきちぎっていました。
ジュリーがコンサートでゴミ袋を羽織っていたのに対抗?して、この紙のジャケットにしたみたいですよ☆


いつもアンコールに歌う「TOKIO」を、ジュリーのライブ同様に今日はオープニングに持って来ました。
曲が始まる前に場内の電気を全て消して真っ暗にしてイントロダクションを演奏し始めましたが、
ほんとに真っ暗で手元が見えないので、ギターから始まるわたる君は相当苦労していたみたいです(。>_<。)


今年は追加ライブが12月26日に決定しました。
10月10 日に行われるライブで皆さんのリクエストをとって、それを統計してお送りするという事です。絶対やって〜という曲を是非皆さん考えておいて下さいね〜♪

|

« 思わぬ展開→プロ野球 | トップページ | お花見へ »

ジュリーマニア」カテゴリの記事

コメント

ジュリーマニア良かったです。 ショウーを見ているようでした。  もちろん物まねも、歌も上手でした。
またバンドもバックコーラスも最高でした。    知らない曲もありましたが、素晴らしいステージでした。
帰りには追加ステージ12月26日予約しました。

投稿: akikaze | 2008年4月 7日 (月) 12時33分

今回は比較的おしゃべり→(MC)が短めだったので、物真似もちょっと少なかったような.........?

ジュリーマニアは一つのショーなので、バックバンドとしてもずーっと手を抜けない ? 状態です。
緊張感があるけど、でも佐藤さんが面白い事をしていたり、すごい動きをしているとついつい見入ってしまいます(*^日^*)゛


12月のライブにいらっしゃれるという事でしたら、akikazeさんもジュリーの曲でやって欲しい曲を是非リクエストして下さいね〜


投稿: Sally | 2008年4月 7日 (月) 16時40分

いやぁ~アンコールのヒラヒラコートを見た瞬間、なんかあるぞ~ なんかやらかしてくれるぞ~ と密かにワクワク期待しておりましたhappy01
そー来たか! わぉ~~~upupup でしたねnote 大きな風船がフワフワ登場したのも 雰囲気があって、よかった~happy02
曲も歌も魅力的ですが、ステージ演出がとっても楽しいですnotes

投稿: PINKY | 2008年4月 7日 (月) 22時16分

そういえばPINKYちゃんはかぶりつきの席で、十分に堪能されたんではないでしょうか〜?

演奏に関係の無い演出に関しては私達は何も知らない事が多いので、一緒になって感動したりしますね。
最近では何かやらないかな〜と楽しみに期待してる部分もあったりします !

投稿: Sally | 2008年4月 8日 (火) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思わぬ展開→プロ野球 | トップページ | お花見へ »