« 母の日のごちそうは〜 | トップページ | 琴欧洲初優勝 »

2008年5月17日 (土)

初シアターコクーン

東京在住ながら渋谷のBunkamuraという所へ初めて行きました。
狂言師の野村萬斎と歌舞伎の尾上菊之助の競演による「わが魂は輝く水なり」という舞台を、シアターコクーンにて見て来ました。

これは清水邦夫という劇作家、演出家により1980年に書かれたものだそうです。


【平家軍の老武将、斎藤実盛はかつて幼い義仲の命を助け、木曽山中のある一族に預けた。
その義仲はやがて源氏の武将として挙兵し、平家追討への旗をあげる。
義仲の妻、巴らの軍勢は平家を圧倒する。

源氏へ寝返った実盛の息子五郎は不慮の事故で死んでしまうが、亡霊となって父の元に戻る。】


この舞台では亡霊の息子と父とのやりとりがメインとなっています。
五郎は実盛にしか見えないので、周りには奇妙に移り、笑いを誘う様な会話が結構多かったです。


実盛は老齢の身を押して木曾義仲追討へと出陣し、加賀国を最期の地と覚悟していた。
平家物語では「最後こそ若々しく戦いたい」という思いから白髪を黒く染めた、となっていますが、
この舞台ではしわだらけで黒ずんだ年老いた顔を少しでも若く見せたい、と言っておしろいを塗っていました。


私は野村萬斎が結構好きなのでこの舞台を見ようと思ったんですが、今回の役が老武将なので、
ひげをはやし、髪の毛も長くてぼさぼさで、ほとんど本人の顔、姿とはほど遠いものになっていたのがちょっと残念でした。

狂言師としての俊敏な動きがようやく見れたのは最後の義仲軍との戦いでの立ち回りでした。
野村萬斎の役所としては最初からほとんど静かなせりふを言う場面ばかりだったので、もう少し多く動きを見たかったです !!


●ちなみに.......
討ち取られた実盛の首は、白髪を黒く染めていた為にすぐには誰のものとわからなかった。
義仲がこの老人の首を洗わせたところ、みるみる白髪に変わった為、実盛だとわかり、
かつての命の恩人を討ち取ってしまったことに涙を流した。

と平家物語では書かれているので、実盛にとってはせめてもの救いかと思いましたが〜

|

« 母の日のごちそうは〜 | トップページ | 琴欧洲初優勝 »

映画・テレビ・演劇」カテゴリの記事

コメント

60歳の役でもやっぱり演じる姿は麗しい…(*~口~*)

それより、内容に詳しいね。
物語も調べたのかしら?

萬斎さんの動きを見るなら…今度は狂言見に行こう!!
是非能楽堂へ☆

投稿: 萬斎さん好き♪ | 2008年5月19日 (月) 13時33分

こう見えても ? 歴史ものが大好きで、平安時代〜戦国時代あたりはかなり興味があります。
という事で、このお話の背景などを整理する為にちょっと調べてみました。


でも野村萬斎の陰陽師の役はかなりはまり役だったな〜と思います !!

じゃ今度は狂言に連れてって(*_*)


投稿: Sally | 2008年5月20日 (火) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の日のごちそうは〜 | トップページ | 琴欧洲初優勝 »