« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月10日 (日)

還暦お祝い

この日は千葉ピーナツボールで20年位前に知り合った広瀬さんというお客さんの還暦のお祝いの為に、千葉Pへと向かいました。(お客さんとして)

この日の千葉Pの出演バンドは鈴山さん率いる「Together」でした。

日曜日という事もあり1回目の千葉Pは一般のお客さんがやや少なめでしたが、広瀬さんのお祝いにかけつけた人達は総勢30人位いました。すごい!!

バンド関係で来た人といえば20年位前にMozで活動していた「ポケッツ」というバンドのBassの前川さん、Vocalの優君(現在はジーナZ)、そして私の3人でした。
ほんとは広瀬さんは現在「スカーフェイス」のVocalの哲ちゃんの大ファンなんですが、残念ながら哲ちゃんは仕事で来れませんでした.....


という事で2回目のステージで還暦のお祝いが執り行われましたが、前川さん、優君、私とステージに参加して2曲程演奏しました。前川さんは10年程前に音楽の仕事を辞めてしまっているので、とっても緊張していました。
でもBassを弾く姿などは相変わらず当時のままで、とても懐かしかったです。


私も千葉Pはオープン当初から出演していますが、
2代目店長の高木さんは「レッド・リバー」というステーキ屋を、3代目店長のジミーは「ゴールド」という飲み屋さんをやってます。
他にもたくさんの従業員がいましたが、それぞれ独立したりお店を任されてやったりと、ほんとに千葉P出身の従業員はスゴイ!! これも社長の厳しい教育のおかげなんでしょうか〜


それにしてもこの日は昔のお客さんや従業員やバンドの人達との同窓会の様な1日でした。
これも人望厚い広瀬さんの力ですね !!

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

星野Japan終わってみれば〜

野球好きの私としては五輪野球をかなりの期待を持って見初めましたが......
終わってみれば4勝5敗で、準決勝に進出したキューバ、韓国、米国からは1つも勝てませんでした。


その準決勝に残った各チームは→
米国チームはマイナーリーグ選手ばかりでスター選手(メジャーリーグ選手)は一切出場していません。
韓国はペナントレースを中断してまでのいきごみで、何と銅メダル以上なら2年間の兵役免除が受けられる、という目標が選手の気迫を生んでいたようです。
そしてキューバは5月下旬から1次候補合宿を始め、7月にはハーレム国際大会(オランダ)参加、北京入り前には韓国キャンプ、と早い時期からの準備がされています。

でも日本チームは→
8月1日に招集、2日から川崎のジャイアンツ球場での合宿開始。練習は実質5日間しか行われず、国内で強化試合をしただけ〜

要するに日本は単にいい選手ばかり集めただけで、チームワークを深めたり、国際試合特有の狭いストライクゾーンやアマチュア審判に対応出来る心構えなど、WBCでせっかく得たものが今回は何も生かされなかったという事でしょうか.....

ペナントレースではそこそこいい成績を残しているピッチャーのダルビッシュ・和田 ・川上が3〜4失点する場面もありました。
岩瀬に至ってはペナントでここまでは39試合登板で防御率2.86、セーブを27と優秀な成績にもかかわらず、この短期決戦の間で3戦も敗戦投手になってしまいました。

打線は全試合通して、とにかくチャンスに打てない ! の一言に尽きます。
打てないオーラが出過ぎていて、珍しいほどに見ていてもわくわくもしない面白くない打線でした。
これなら楽天の試合を見てる方がまだ面白い ? という感じです。


でも.......選手はいい選手ばかりだから、それをまとめるコーチ陣に問題有り!
やはりこれに尽きますね。
いくら星野監督と仲がいいからといって、2004年以降現場から退いている田淵幸一と、監督としてはBクラスの成績しか残せていない山本浩二をなぜこんな大舞台のコーチに抜擢したんでしょう ?

そういえば五輪代表チームが8日はパ・リーグ選抜、9日はセ・リーグの選抜チームと強化試合をしましたが、9日のセ・リーグ選抜チームに11-2と大敗してました。
この試合が最後で北京へと向かう星野監督はその試合後に
「北京ではこんな無様な試合はしません」
とコメントしていましたが、ある意味この試合の結果が全てを物語っていたのかもしれませんね......

       yatorui2

| | コメント (8)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »