映画・テレビ・演劇

2008年5月17日 (土)

初シアターコクーン

東京在住ながら渋谷のBunkamuraという所へ初めて行きました。
狂言師の野村萬斎と歌舞伎の尾上菊之助の競演による「わが魂は輝く水なり」という舞台を、シアターコクーンにて見て来ました。

これは清水邦夫という劇作家、演出家により1980年に書かれたものだそうです。


【平家軍の老武将、斎藤実盛はかつて幼い義仲の命を助け、木曽山中のある一族に預けた。
その義仲はやがて源氏の武将として挙兵し、平家追討への旗をあげる。
義仲の妻、巴らの軍勢は平家を圧倒する。

源氏へ寝返った実盛の息子五郎は不慮の事故で死んでしまうが、亡霊となって父の元に戻る。】


この舞台では亡霊の息子と父とのやりとりがメインとなっています。
五郎は実盛にしか見えないので、周りには奇妙に移り、笑いを誘う様な会話が結構多かったです。


実盛は老齢の身を押して木曾義仲追討へと出陣し、加賀国を最期の地と覚悟していた。
平家物語では「最後こそ若々しく戦いたい」という思いから白髪を黒く染めた、となっていますが、
この舞台ではしわだらけで黒ずんだ年老いた顔を少しでも若く見せたい、と言っておしろいを塗っていました。


私は野村萬斎が結構好きなのでこの舞台を見ようと思ったんですが、今回の役が老武将なので、
ひげをはやし、髪の毛も長くてぼさぼさで、ほとんど本人の顔、姿とはほど遠いものになっていたのがちょっと残念でした。

狂言師としての俊敏な動きがようやく見れたのは最後の義仲軍との戦いでの立ち回りでした。
野村萬斎の役所としては最初からほとんど静かなせりふを言う場面ばかりだったので、もう少し多く動きを見たかったです !!


●ちなみに.......
討ち取られた実盛の首は、白髪を黒く染めていた為にすぐには誰のものとわからなかった。
義仲がこの老人の首を洗わせたところ、みるみる白髪に変わった為、実盛だとわかり、
かつての命の恩人を討ち取ってしまったことに涙を流した。

と平家物語では書かれているので、実盛にとってはせめてもの救いかと思いましたが〜

| | コメント (2)

2007年5月 7日 (月)

最近はまっているドラマ〜その2

3月頃からケーブルテレビの LaLaTV というチャンネルで放送されている 「 ジェシカおばさんの事件簿 」 というドラマはなかなか面白いです。これは1984年から1996年までアメリカで製作されたテレビドラマだそうです。日本では1988年からNHKで日本語版の放送を開始したそうですが、私は今回ケーブルテレビで見て初めて知りました。


Photo_1これはミステリー作家のジェシカ・フレッチャー ( かなり年配のおばさんです ) が様々な難事件を解決する素人探偵モノのミステリードラマなんですが、日本語版ではそのジェシカ・フレッチャーの吹き替えが女優の森光子なので、森光子さんというと今やスクワットをしている姿が目に浮かんで来て、どうも彼女のイメージが強すぎるな〜という感じでした。
でも今放送されているのは字幕放送なので、字幕を読むのがちょっと面倒ですが、でもその方が断然面白いです。


この物語の生みの親はリチャード・レビンソン&ウィリアム・リンクという、若い頃からコンビで作品を発表したアメリカの脚本家・TVプロデューサーだそうですが、なんとあの 「 刑事コロンボ 」 もヒットさせていたのでした。
「 刑事コロンボ 」 といえばアメリカのドラマで私が一番好きな番組で、私が小さい頃から近年までNHKや日本テレビ系の「金曜ロードショー」などで放映されていましたが、たぶん全部見ているんじゃないかな、と思う位大好きです。
(やっぱり、同じ人が作った作品なので私が興味を惹かれたんだな〜とちょっとビックリ ! )


Photo_3「 刑事コロンボ 」の場合は、この間「なぜか見てしまうテレビアニメ」というブログで書いた様に、コロンボの吹き替えの小池朝雄が作り出すキャラクターが完全にハマりものです。だからコロンボを演じている ピーター・フォーク には申し訳ないんですが、たまに字幕スーパーで見たりするとちょっと今イチ、のように感じてしまうくらいです。

でも、当初の作品ではコロンボ警部は普通の背広を着ていたり、髪もきっちり整髪されていたりしたそうですが、すっかり定着している彼の役柄は、よれよれの背広とレインコートを着て安葉巻をくわえたさえない風貌。
「ちょっといいですか?」「あと、もう一つだけ・・・」「ウチのかみさんがね〜」というのが口癖。
こういったキャラクターは作品が継続して作られた中でピーター・フォークが作り上げたスタイルで、レインコートと背広も彼の私物なんだそうです !

そしてピーター・フォークはこの番組によりエミー賞(主演男優賞)を4度も受賞しているので、彼の演技はアメリカ人が見ても当然面白い ! という事で評価されているんでしょうね。


そして番組が始まる前に流れる「コロンボのテーマ」として知られている曲は、ヘンリー・マンシーニという人の作曲。ヘンリー・マンシーニといえば、「ティファニーで朝食を」「シャレード」などのオードリー・ヘップバーン作品で注目を集め、特に「ティファニーで朝食を」でヘップバーンが歌った「ムーン・リバー」は有名です。他にも「ピーター・ガン」のテーマ、「ピンク・パンサー」のテーマ、「ひまわり」のテーマなどがよく知られています。( いや〜名曲ばっかり ! )

「コロンボのテーマ」はオーケストラの演奏ですが、曲のイメージが幻想的で壮大な感じで、今やこの曲を聞くと、私の幼い頃の情景が回想されるくらいしみついている音楽です。やっぱりすごい人の作った作品は違いますね !

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

なぜか見てしまうテレビアニメ

私は結構テレビ好き?ですが、普段はほとんど見れないのでドラマや映画やその他いろいろハードディスクレコーダーに録り溜めしています。

今日は日曜日ですが日曜といえば長年見続けているのは ちょっと言いにくいけどサザエさん なんです。
なんとこの番組は1969年から続いているアニメ番組では世界一の長寿番組なんだそうです。だから小さい頃から見続けている流れで、現在では面白いから見るというより習慣のような感じでしょうか?

でも私は以外にテレビアニメを見ていて、今まで見ていたものといえば→
藤子・F・不二雄のパーマンドラえもんキテレツ大百科など〜
ドラえもんは、ジャイアンやスネ夫がたいていのび太をいじめていますが、パーマンやキテレツ大百科ではそんな強烈ないじめが無いところがいいな、と思います。
でもドラえもんは声優が変わってしまったら印象ががらりと変わってしまい、面白くなくなってしまいました。声のイメージはほんとに大事なんだな〜と思いました。


Photo_10それから最近の放送ではまったのは こちら葛飾区亀有公園前派出所 です。
この主人公の 両津 勘吉 の吹き替えがラサール石井で、えっ、この声がラサール 石井なの〜 ? とちょっとびっくりしましたが、この人の出す声が勘吉のキャラクターにすごく合っていて、それもまた面白く感じた一因だと思います。
ちなみにこの番組のオープニング・テーマで「だまって俺についてこい」を天童よしみが歌っていた時がありましたが、今風にアレンジしてあってクレイジーキャッツのとは大分違いますが、あまりの歌のうまさにこの曲もすごく気に入ってしまいました。

でもほとんど漫画本で読もうという気はないので、私がテレビアニメを気に入る傾向としては、声優が作り出すキャラクターに惹かれる という事が一番大きいみたいです。あとオープニングやエンディングテーマも大事です。
(最近気に入ってるのは、ちびまる子ちゃんのエンディングテーマに使われている「アララの呪文」という曲です。なぜだか爆笑問題も参加していますが、これがまた面白いんです)

| | コメント (3)

2007年4月 4日 (水)

最近はまっているドラマ〜その1

Fbi2_1Fbi1_5

昨年からはまっているドラマはケーブルテレビのミステリー・チャンネルで放送されている THE FBI です。これはアメリカで、1960年代後半から9年間というロングランを続けた名作ドラマ・シリーズだそうです。TVでは初めて“FBI:Federal Bureau of Investigation(米国司法省に属する連邦犯罪捜査本部)”という名称使用を許された、お墨付きのドラマなんだそうです。毎回出演するレギュラー人はエフレム・ジンバリスト・ジュニア、フィリップ・アボット、ウィリアム・レイノルズ。この3人ともFBI捜査官ですが、一応このドラマの主人公らしきエフレム・ジンバリスト・ジュニアはなんだか舘ひろしに似ていて結構渋いです。それにしてもアメリカの刑事ドラマでは一般人も誰もかれもすぐに銃を打って血を流したりしているところがちょっと強烈な印象です。
(右側の写真:左→エフレム・ジンバリスト・ジュニア、真中→フィリップ・アボット、右→ウィリアム・レイノルズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)